カードローンは、消費者金融だけでなく銀行からも登場しています。
消費者金融では総量規制の影響を受けて貸付残高が年々減少していますが、総量規制対象外の銀行カードローンは、逆に貸付残高を毎年伸ばしている状況です。
金利が低いことで知られる銀行カードローンは、審査が厳しいという評判があります。
しかし、実際に審査を行っているのは、保証会社として銀行から指名された系列の信販会社や消費者金融が行っているので、金利を低く貸し付けるために多少厳格な審査が行われているものの、総量規制による制限以上の借入を行なえる人であれば、審査が厳しいとは感じないでしょう。

銀行カードローンの審査内容は、各銀行ごとに異なるので一概に比較することは出来ません。
しかし、保証会社の保証を受けられることを条件とした貸付が行われていることに変わりはないので、申し込むカードローンにどの保証会社が指名されているのか確認しておく必要があります。
既に取引実績がある信販会社や消費者金融ならば、返済を行っている実績があるので審査に通りやすくなるでしょう。
総量規制の影響により貸付が出来ないだけであれば、与信力はまだあると判断出来ます。
全く取引をしていない金融業者が絡んでいるよりも、審査に対して有利に働くと考えられるからです。