カードローンには、分割払いやリボルビング払い、元利均等払いや元金均等払いなどさまざまな返済方法があります。

分割払いは長期の返済方法の中で一番一般的な返済方法になっていますが、カードローンの場合は利用するごとに再計算され総支払額が大きくなってしまいます。
したがってカードローンではほとんど見かけない返済方法になっています。

リボルビング払いはカードローン返済の主流の方法になっています。
主なリボルビング払いの方式には、定率リボルビング方式や定額リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式の3つがあります。
その中の残高スライドリボルビング方式とは、借入残高によって段階的に決められた金額を返済する方法です。
この残高リボルビング方式の中でも残高スライド元利定額リボルビング方式が一番多い方法になっていて、限度額内であれば何度でも借りる・返すを繰り返すことができます。

元利均等払いは利息と元金を合わせた返済金額を毎月一定の返済額で返済する方法で、住宅ローンの返済などによく利用されます。

元金均等払いは毎月の返済が進むほど返済額が減少していく方法です。
したがって途中で借り足すことが多いカードローンにはあまり向かない返済方法になっています。