多重債務者にとって銀行カードローンというものはのどから手が出るほどほしいものかもしれない。
というのも、2010年に貸金業法が改正され施行されたからだ。
これには総量規制というものが含まれている。
簡単にいえば消費者金融からの借入に限度ができたということだ。
これができるまでは審査にさえ通ってしまえば年収に関係なくお金を借りることができた。
ある意味で野放しであったともいえるだろう。
しかしこの規制によって無謀ともいえる借入は禁止になったのだ。
限度額以上の申請をしたところで審査落ちになる。
ただこれは消費者金融からであって、銀行は含まれない。
そもそも消費者金融と銀行は、お金を借りるという面では似ているが、実際はかなり異なるものであるからだ。
それゆえに総量規制対象外のカードローンといえば銀行なのだ。
審査に受かればいくらでも借りることができるカードローンを多重債務者がほしがることはいうまでもないというわけである。
私としてはこの法は無駄な借金を減らすためによいと思うが、限度額に達した人が闇金など違法な金融に流れないか不安が残るものである。