生活をすることで生活費に悩んでしまったり、今すぐお金が必要であるのに困ってしまうことはあるでしょう。
そんな時に考えてしまうのがキャッシング。
即日融資も対応可能な金融機関も多数あります。しかしキャッシング自体借りることは簡単でも、返すことを考えていないと生活に対して負担になってしまう場合があります。会社によって金利など左右されますし、さらに一括で返すのと分割で返しているのとでは金額が変わってきます。
借金をすることは生きていく中で誰でもしていることでもあり、体験をしていて勉強になることもあります。キャッシングには年齢制限はあります。総量規制という収入による借り入れ額の制限もありますが、いざとなれば仕事をしていない主婦の人でもキャッシングができるので、すぐ必要な場合は考えてみてもいいでしょう。
また、大きな金額をキャッシングする場合は、これからの生活と向き合って家族と相談をしてから決めてみると、いろいろな案が出て解決できることもあります。一人で抱え込んでしまうのではなく相談をしてみましょう。
キャッシングで収入証明が必要な理由は、とてもはっきりとしています。返済能力が一定以上に満たしていない方に対して、キャッシングを行っている消費者金融はお金の融資を行っていません。返済能力が乏しい方にお金を融資してしまうと滞納されてしまう恐れがあり、資金繰りに問題を抱えてしまいます。最悪のケースとして借り逃げされる恐れもあるため、予めリスクが高いと判断した人にはお金を貸しません。
返済能力を確認するため、多くのキャッシング業者では収入証明を行える書類を提出してもらい、それを参考にして判断を行っています。収入証明証は源泉徴収票や確定申告の書類など色んな種類があるので、最適な収入証明証を提出することが求められてきます。
そして、返済能力に問題ないと判断された場合は、次の審査に移っていくのが一般的です。キャッシングの申し込みを実施して、無事申し込みを完了できた方は、返済能力に問題ないと判断された証拠でもあります。キャッシング業者から信頼された証拠でもあり、何時でも気軽にお金を借りられるようになります。
キャッシング業者では、余程のケースがない限り、収入証明を行える書類の提出を実施して、返済能力を細かくチェックしています。
借り入れ金額が大きくなればなるほど慎重な審査が行われますが、着実な返済を行っていれば信用度が増し、融資額も増額されます。

初めてのカードローン、申し込むなら銀行?それとも消費者金融?

何かを始める時、また、初めて何かに挑戦する時には、誰でも不安で緊張するものです。
それは、カードローンを初めて利用する時も同じです。
何から調べればいいのか?どこに申し込みをすればいいのか?と悩む方も多いことでしょう。
初めてなのですから、何もわからず緊張し、慎重になるのは当たり前です。
また、カードローンは、お金を借りて利息を払うという借金行為ですから、ビギナーばかりでなく、回数を重ねている方でも慎重になることに超したことはありません。
慎重にカードローンを利用することは、行く末、自分を守ることにもなりますので、初心を忘れず、自分が返済できる金額を考え無理の無い範囲で利用するということが、安全にカードローンを使用するコツでもあるのです。
では、初めてカードローンを利用する場合、申し込み先は、どのように決定すればいいのでしょうか?
カードローンと言うと、多くの方が迷うのが、銀行を利用するのか?消費者金融を利用するのか?ということでしょう。
ただし、銀行と消費者金融のカードローンには、それぞれのメリットや違いがありますので、まずは、その点について把握した上で、検討することです。
まず、銀行と消費者金融カードローンの大きな違いは、総量規制にあります。
総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れができないというもので、貸金業法という法律によって定められているものです。
貸金業法の下では、例えば、年収300万円の方には、100万円を超える借り入れができないことになっているのです。
この貸金業法に則った営業を行っているのが、消費者金融です。
ですから、年収の3分の1を超える借り入れをしたいという方は、消費者金融ではなく、総量規制対象外の銀行カードローンを選択する必要があるのです。
また、それぞれの金融機関には得意分野と不得意分野があります。
銀行カードローンのメリットは、利用限度額が消費者金融に比べて高く設定されていること、そして、先にも上げたように、総量規制対象外のため、年収に関係なく大口融資も希望でき、収入のない専業主婦などでも申し込みができるという点です。
また、消費者金融よりも金利が低く、銀行というネームバリューによって安心して利用できる点も大きなメリットと言えるでしょう。
一方、消費者金融のメリットは、審査時間の速さと融資までのスピードです。
また、Web完結取引が充実しているため、忙しくて窓口や外へ出る時間がないという方、周囲の人に借金をすることを内緒にしたいという方には大変便利なカードローンです。
このように、各金融機関には、それぞれに特徴やメリットがありますので、その点を踏まえながら、スピード重視であれば消費者金融、収入がないのであれば銀行カードローンというように自分の状況に合った金融機関を選択することです。

利息を払わずにカードローンを利用する方法を視野に入れる

上記で取り上げたように、カードローンを利用する際には、それぞれの金融機関の特徴と自分の希望する取引内容が合致するかどうかをきちんと照らし合わせた上で、申し込みを行うことが初めての金融機関選択にはポイントになるのですが、もう一つ、初めてカードローンを利用される方におすすめの利用方法があります。
それは、無利息期間のあるカードローンを利用することです。
無利息期間のあるカードローンをお得に活用するためには、いくつかの条件がありますが、そのポイントを抑えることができるのであれば、カードローン初心者は、まずは、この方法でカードローンを始めてみるのが良いでしょう。
まず、無利息期間があるカードローンとは、借り入れ後、金融機関が定めた一定期間内であれば支払利息が発生しないというものです。
無利息の期間については、金融機関によって違いはありますが、平均30日間、長いところでは180日間というところもありますので、申し込み事前にいくつもの金融機関を比較し検討されることです。
数十日間という期限付きではあるものの、その期間は、金利0%で利息0円ということになりますので、大変お得です。
しかし、利息を1円も支払わずにお得にカードローンを利用するためには、無利息期間内に完済をすることが条件となります。
ですから、30日間あるいはそれ以上、各金融機関に定められた無利息期間内に返済を終了することができる金額を借入するということもポイントです。
実は、この点も、カードローン初心者に無利息期間のあるカードローンをおすすめする理由です。
まず、初めてのカードローン利用で、数百万単位の借入は、ハードルが高すぎます。
初めてであるにも関わらず、何年間もローンを組み、しかも、高額な借金を抱えることは、金額はもちろん精神的な負担も大きいものです。
また、初めてカードローンを利用する場合、審査が厳しくなるということも言えます。
なぜならば、個人信用情報に金融機関取り引きの履歴がなく、金融機関側も審査に慎重になるからです。
カードローンの利用に慣れることは、おすすめできませんが、まずは、無利息期間のあるカードローンで、少額を短期間に返済するところから、カードローンの使い方を理解し、家計の負担にならない程度の金額からはじめられるといいでしょう。